top of page
surrogacy lawyer

Ralph M. Tsong
主任弁護士/創設者 

職業経験 

ラルフ・M・ツォンさん は20年以上の経験を持つ弁護士です。 

 

ラルフは、シカゴの全国的な雇用法律事務所であるリ Littler Mendelson でキャリアをスタートし、 Wilson Sonsini Goodrich & Rosati アソシエイト弁護士を務めていました 。  

 

ラルフは、サンノゼのAsian Law AllianceやロサンゼルスのLegal Aid Foundationなどの公的法律センターで働き、裁判スキルを磨きました。また、 カリフォルニア州公正雇用住宅局、労使関係局、およびアメリカ合衆国国土安全保障省ー移民関税執行局 の代理人弁護士を10年間務めた経験を持っています。  

  

さらに、ラルフは米国養子縁組・生殖補助弁護士アカデミー(AAAA)およびカリフォルニア養子縁組・ART弁護士アカデミー(ACAL)のフェロー/特別研究員であり、 2023年に Thomson Reuters のSuper Lawyerに選ばれました。 

教育経験 

  • 法務博士(J.D.) 

  • シカゴ大学ロースクール 

  • 学士号(B.S.) 

  • ウィリアム・アンド・メアリー大学 

  • 優等学位(Magna Cum Laude) 

 

弁護士資格 

  • ワシントン州 

  • アリゾナ州 

  • カリフォルニア州 

  • イリノイ州 

  • カリフォルニア州のすべての連邦地方裁判所  

  • アメリカ合衆国第9巡回区控訴裁判所 

  • イリノイ北部地区連邦地方裁判所 

 

会員資格  

  • 米国養子縁組・生殖補助弁護士アカデミー(AAAA)のARTフェロー 

  • カリフォルニア養子縁組・ART弁護士アカデミー(ACAL)のフェロー  

  • 南カリフォルニア中国系アメリカ人弁護士協会理事 2016年~2023年  

  • 役員:2016年から2023年 

  • 日系アメリカ人弁護士協会  

  • 米国法曹協会(ABA)生殖補助技術 (ART)委員会  

  • 倫理的卵子提供と代理出産協会(SEEDS)  

  • ロングビーチ・四日市姉妹都市委員会  

  • 全米アジア太平洋諸島系弁護士協会 

bottom of page